ダイバーシティとは – [俺辞書]

2017年6月28日俺辞書, カタカナ言葉

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

俺辞書とは、私(@kagoblo)が知らない単語や事柄を記録しているだけの誰の役にも立たない辞書のような備忘録のようなものです。

ダイバーシティ

意味

ダイバーシティ
ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価値観などの多様性を受け入れ、広く人材を活用することで生産性を高めようとするマネジメントについていう。 企業がダイバーシティを重視する背景には、有能な人材の発掘、斬新なアイデアの喚起、社会の多様なニーズへの対応といったねらいがある。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

引用:ダイバーシティ(だいばーしてぃ)とは – コトバンク

diversity
【名】

〔意見や様式などの〕多様性、さまざまな種類
〔人種や社会経済的〕多様性(許容)文例
〔通常のものとの〕相違点、食い違い

引用:Diversityの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク

俺はこう理解した

主に人材雇用の用語で使われているようなので、”多様性”といっても特に人種、性別の多様性のことだと理解した。

ここで見つけて気になった

攻殻機動隊 新劇場版 (特装限定版) [Blu-ray]
劇場版じゃなかったかも


スマホで見えるテスト